国際空手道連盟極真会館 医事委員会

〒222-0032
横浜市港北区大豆戸町639-2 KMMビル5階
電話 045-439-5020 FAX 045-432-5253
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝祭日、夏季休暇、年末年始

 » お役立ちリンク集 

    ホーム     医事委員会について メディカルサポート制度   活動内容    怪我の傾向と対策 

活動内容

アンチドーピングについて

アンチドーピングの基本知識 (2012.12アンチドーピングガイドブック一部抜粋)

ドーピングはなぜいけないの?

◆ドーピングとは?
ドーピングとは、競技力を高めるために薬物や方法などを使用したり、それらの使用を隠したりする行為です。スポーツ精神に反するとして禁止されています。どういう行為が当てはまるかは世界ドーピング防止規定(WADA Dode)に定められており、意図的ではなく不注意であっても、制裁の対象となります。

◆アンチ・ドーピングとは?
ドーピングによる不正を排除し、公正で公平なドーピングのないスポーツに参加するというアスリートの権利を守り、スポーツの価値そのものを守るための活動です。そのため、アスリートだけでなくすべての人々が関わり、促進していくべき活動でもあります。

◆ドーピングが禁止されている理由

フェアプレイの精神に反する 健康を害する       反社会的行為       
ドーピングはルールで禁止されています。そのため、ドーピングという行為は、フェアプレイの精神の一つであるルールを守るということに反する行為です。
ドーピングを行うことによって、体や精神に思い副作用がおこりえます。アスリートの健康を守るために、ドーピングは禁止されています。     ドーピングは社会に大きな悪影響を及ぼす反社会的行為であることから、禁止されています。           
スポーツの価値を損なう
ドーピングは社会的信用を失い、深刻な健康被害を引き起こすだけれなく、みなさんが共有しているスポーツの価値を失うことにもなりかねません。

日常の注意点

「自分はドーピングなんかしていない」と思っていても、ドーピング検査で禁止物質が検出されることは「ありえる」のです。 たとえば、「これは大丈夫」と思ってのんでいる薬やサプリメントにドーピング禁止物質が含まれていることがあるのです。

注意が必要なもの
  風邪薬と胃腸薬
  滋養強壮薬
  毛髪・体毛用薬
  せきどめ、タンの薬
  漢方薬

口にするものは自分でしっかり管理
  一般にはサプリメントと呼ばれる栄養補助食品は、あくまで「食品」ですから、基本的にドーピング禁止物質を含んでいません。
  しかし、外国のサプリメントなどで成分がはっきりしなかったり、成分表に記されたもの以外の物質が含まれていることがあり、 注意が必要です。
  自分がのむスポーツドリンクやお茶、水などのペットボトルはしっかり自分で管理しましょう。
  人を疑うことはよいことではありませんが、誰かが故意に禁止物質を入れる可能性があることを考えて行動しましょう。

怪我や病気の時はどうすればいいの?

ケガや病気で、病院で診察を受けたり薬を買うときには注意が必要です。

また、治療上どうしても必要な薬に禁止物質が含まれている場合どうすればよいのでしょうか。 このような場合には、「治療使用特例(TUE)」を申請することができます。

禁止物質および禁止方法は毎年更新されます

WADAが規定する禁止表は、毎年1月1日に更新されます。 最新の禁止表は、JADAホームページで確認しましょう。
※禁止表とはWADAが策定した禁止物質及び禁止方法を定めたものであり、全世界共通のルールです。

ドーピング検査手順

ドーピング検査は、アスリートの尿や、血液を検体として採取します。競技会検査も競技会外検査も、検査手続きは同じです。尿での検査の場合、検体の濃度が低いなどの理由により分析に適さない場合は、その場で再採尿を求められることがあります。また、検査を拒否または回避することはドーピング防止規則違反になる可能性があります。

極真会館の責務について

国際空手道連盟極真会館は、(公財)日本アンチ・ドーピング機構(以下、「JADA」という。)がドーピング・コントロールの開始、実施及び実行 することについて支援し、世界アンチ・ドーピング規程(以下、「世界規程」という。) 及び国際基準(以下、「国際基準」という。)並びに日本アンチ・ドーピング規程(以下、 「日本規程」という。)に基づくすべての義務を履行する責任を担っています。 国内・国際競技大会に参加される選手、指導員の皆様は、最新の情報をご確認いただきますようお願いいたします。