〒222-0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町639-2KMMビル(⇒地図)
TEL:045-435-1800 FAX:045-432-5253
mail:info@kyokushin-mm.jp

よくある質問 お問い合わせ

大山倍達総裁 紹介

国際空手道連盟極真会館創始者。 1923年6月4日生まれ。幼少の頃より拳法を学び、14歳で山梨少年航空学校に入学。
15歳のときに船越義珍先生(日本に初めて空手を紹介した人)の門下生となる。その後、拓殖大学、早稲田大学に学び、身延山での修行を経て1947年9月に戦後初めて開催された全日本空手道選手権大会で優勝。

1948年4月より清澄山にて1年8ヵ月の山籠り修行を敢行し、下山した1950年11月、千葉・館山で猛牛と対決。47頭の牛を倒し、うち4頭は一撃で即死。1952年に渡米して全米各地を回り、空手の演武とデモンストレーションを行い、空手をアピール。その間、プロレスラーなどと真剣勝負を繰り広げ7戦全勝。その後も度々世界各国を歴訪し、演武と指導を行い、空手を世界に広める。

1964年、国際空手道連盟 極真会館設立。1969年には『直接打撃制(フルコンタクト)』を提唱し、第1回全日本空手道選手権大会を開催。1975年には通称『カラテオリンピック』と呼ばれる第1回全世界空手道選手権大会を開催して、全世界に極真空手ブームを巻き起こす。世界120ヵ国に公認道場を持ち、1200万人の門弟の総裁として、その生涯を極真空手に捧げた。1994年4月26日、肺癌のため急逝。享年70歳。

松井章奎館長 紹介

1963年1月15日、東京生まれ。大山総裁に憧れ中学時代に極真会館入門。恵まれた素質と不断の努力により、たちまち頭角を現す。17歳で全日本大会に堂々4位に入賞し、非凡さを世に知らしめた。第17回、18回全日本大会優勝。翌年の第4回世界大会をも制し大会三連覇の偉業達成。その俊敏にして華麗な組手は空手界の貴公子と呼ばれ、多くのファンを魅了した。
また世界大会優勝の前年には極真最大の荒行、百人組手を完遂し、真の武道家としての基礎を確立した。

現役選手引退後は、後進の指導にあたりつつ、大山総裁の哲学を学ぶ。大山総裁の逝去に伴い、その遺志を継ぎ、極真会館 館長に就任。現在、世界の極真会館における組織の運営と益々の極真空手の普及・発展を目指し、東奔西走の日々を送る。

連盟概要

国際空手道連盟及び極真会館は、創始者大山倍達の提唱した「頭は低く、目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益する」という極真の理念を礎とし、極真空手道を通じて人格の淘治と心身の鍛練をはかり、社会貢献を遂行するものである。さらに、極真空手道においては、人種、民族、国家、政治、思想、宗教、性別、年齢などによる偏見や差別がなく、全ての人々が平等の権利を有することを旨とし、国際交流をもって、全世界の平和友好を目指す。


極真会館の理念

頭は低く、目は高く、口を謹んで心広く、孝を原点として他を益す


道場訓 七箇条

一.吾々は心身を錬磨し、確固不抜の心技を極めること

わたしたちが、空手を修行する目的は、自分自身の体と心をきたえることにあり、真剣にけいこに打ち込むことで、どんなことにも動じない心と強い意志を習得して行かなければならない。


一.吾々は武の神髄を極め、機に発し感に敏なること

わたしたちは、武道としての空手の道を徹底的に追求していくことで、どんな状況でも臨機応変に対応する力と相手の心を理解する思いやりや優しさ、どんなことにも素直に感動できる心を身につけなければならない。


一.吾々は質実剛健を以て、克己の精神を涵養すること

わたしたちは、自分自身を飾ることなく、真面目で素直に空手の修行に打ち込むことによって、自分自身に打ち勝つ強い心を養っていくことを心がけなければならない。


一.吾々は礼節を重んじ長上を敬し、粗暴の振る舞いを慎むこと

わたしたちは、礼儀を身につけ、目上の人を敬い、人前で空手の力を誇示するような行動をとってはならない。


一.吾々は神仏を尊び、謙譲の美徳を忘れざること

わたしたちは人間の力が及ばない自然や宇宙の摂理を重んじ、神や仏を敬い、相手のことを大切にし自分を謙遜する態度を忘れてはならない。


一.吾々は智性と体力とを向上させ、事に臨んで過たざること

わたしたちは、空手の修行によって知性と体力を向上させ、どんな状況でもあせらず、冷静に対処できるようにならなければならない。


一.吾々は生涯の修行を空手の道に通じ、極真の道を全うすること

武道としての空手の修行は、一生かけて追い求めるものであり、一生を通じて極意に一歩でも近づこうとする姿勢、それが極真空手の本義である。


大山倍達総裁 座右の銘 十一箇条

一.武の道は礼にはじまり礼に終わる よって常に礼を正しくすべし

一.武の道の探求は断崖をよじ登るがごとし休むことなく精進すべし

一.武の道においてはすべてに先手ありしかれども私闘なし

一.武の道においても金銭は貴いものなりしかれども執着すべからず

一.武の道は姿なり何事においても常に姿を正しくすべし

一.武の道においては千日を初心とし万日の稽古をもって極とす

一.武の道における自己反省は常に練達への機会なり

一.武の道は宇のためにあるものなり修練にて私心を忘れるべし

一.武の道においては点を起とし、円を終とす線はこれに付随するものなり

一.武の道において真の極意は体験にありよって体験を恐るべからず

一.武の道において信頼と感謝は常に豊かなる収穫を得ることを忘るべからず


団体活動の行動指針

極真会館は世界平和を目指し、武道空手道の普及による社会体育活動を通じて、社会に有用たる人材の育成に努める。


門下生の行動指針

道場訓 七箇条、大山倍達座右の銘 十一箇条


団体活動の方針

一.最強求道の志

我々、極真会館は、極真の理念のもと、「勝負偏重主義」を掲げ、「尊敬・感謝・忍耐」すなわち「押忍」の精神を兼ね備えた「最強の空手」を目指す。


一.相互互換の志

我々、極真会館は、地域に根ざした武道団体として、人々のすこやかな生活の一助となるべく、その社会との相互互換の関係を築きながら、活動目的(志)の実現を日々目指していく。


一.永続繁栄の志

我々、極真会館は、創始者・大山倍達の「極真を未来永劫のものに」という志の実現を目指し、常に組織の代謝を促進し、公益事業を推し進めていく。